婦人

写真を撮ることの大切さ|成人式まで撮ろう

参拝当日の撮影は大変

カメラ

当日は忙しいので前撮りを

七五三の写真は思いっきりおめかししてカッコよく、可愛く撮ってもらいたいのが親心というものですよね。しかし七五三の当日はヘアメイクや着替え、写真撮影、神社への参拝、食事会と超多忙なスケジュールです。そんな中での写真撮影は子供も疲れた顔になってしまいますし、カメラマンも流れ作業みたいな感じで満足のいく写真を撮るのは難しいものです。そこでおススメしたいのが前撮りです。実は七五三の写真は秋前後に撮らなければならないというルールはありません。一年中いつでも好きな時に撮影して大丈夫です。スタジオにもよりますが、早ければ早いほどお得な料金で撮れますし、プレゼントの充実度なども変わります。今ではこのような前撮りが主流になりつつあります。

いつの時期がいいか

七五三写真の前撮りが一年中できるというのは先述したとおりです。ではいつ頃が最適なのでしょうか。まず7月や8月は子供の肌が日焼けで黒くなってしまう時期になります。そのため男の子であればワイルドな雰囲気を出せていいかもしれません。女の子は、できれば避けてあげたいですね。そのため6月末くらいまでの撮影がベストと言えるでしょう。また時期的に歯が生え変わる時期なので、きちんと歯がそろっているかもチェックしたい所です。最近は衣装のバリエーションも増えていて、単なる和装やドレスだけでなく、女の子ならはいからさんのように袴にブーツ、男の子なら新選組のように刀を持たせたりなどもできます。最高の子供の姿を撮影するためにも撮影時期にはこだわりたいですね。